スキニーデニム(すきにーでにむ)

脚にぴったりとフィットした、超タイトなジーンズ。スキニーは「骨と皮ばかりの」という意味。これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていたが、スキニーはさらにそれより細いということを強調している。辛口評論家のなかには、「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるとか。


スキニーデニムのオシャレさん

スキニーデニムの丈には皆さんこだわりがありますよね

長い目が好きな人、短い目が好きな人、それぞれですがこれにはちょっとした

ポイントがあるんです

ジャケットの丈にも共通するものなんですけど、一番太い所と細い所ってあるでしょ

体型上ね・・・その細い所でカットするのがスリムに見えるこつなんです

逆に一番太い所を境にしてしまうとドドーンと太く見えてしまうんです

だから、丈を調整する人もしない人も間違っても一番太いところでカットしちゃ

だめですよぉ〜

わたしはブタですと自らPRしているようなもんですから・・・(ーー;)

最近は古着市場にもスキニーデニムがちらほら顔をだすようになってきました

それだけ流通量が増えてきたって事かな?

下北沢なんかの古着屋さんでは結構渋い感じのものがよく出ているそうです

まあ、あそこは昔からファッションには敏感なところだから当たり前といえば

当たり前なんですけれどね・・・

それにしても今、地方でも大流行しているみたいで、たまに温泉めぐりで

地方に旅行してもよく見かけるようになりました

それももはやジーンズの一種とは思えないオシャレなものに出会う事も

多くなり、いまさらながらにスキニーの変幻自在ぶりに驚かされちゃった!

ユニクロの スキニーデニムが一般的な地方にあっても頑張っている

おしゃれさんがいるんですよう

そういう人はやっぱりというか、当然というか コーディネートのセンスが

ずばぬけていますね

あえて メンズのジャケットをはおったりしてバランス・アンバランスのギリギリ

を狙ったりしています

今度わたしも挑戦してみようかなぁ(*^_^*)

海外モデルが火付け役! スキニーパンツに熱い視線

この秋冬のヒットが確実視されている「スキニーパンツ」が、早くもじわじわと人気を集めています。「スキニー(skinny)」とは、皮膚のように体にフィットしているさまのことで、スキニーパンツとは、ぴったりとした極細パンツのこと。
このトレンドのきっかけを作ったのは、トレンドセッターのモデルたち。
中でもファッションアイコン、ケイト・モスが穿いていた「sass&bide(サス&バイド)」「superfine(スーパーファイン)」などのインポートブランドは日本でも人気で、早くも入手困難なほど。
スリム以上にスリムなスキニーパンツは脚を細く、長く美脚に見せてくれるほか、トップスの組み合わせ次第ではカジュアルにもエレガントにも着こなせるところが魅力。
秋冬に先駆け、スキニーパンツで旬のレッグスタイルをキメちゃいましょう!

ぴたっと美脚 ストレッチ素材で体形不問なスキニージーンズ

ジーンズの流行に新たな波が訪れている。ここ数年、すそが広がった「ブーツカット」の時代が続いていたが、この秋は、足にぴったりと張り付くほど細い「スキニー」の人気が急上昇している。伸縮性のある素材を使っており、はき心地もいい。

 三越銀座店(東京)のセレクトショップ「ニューヨークランウェイ」では、店内の目立つ場所にスキニージーンズをずらりと並べている。女性店員が着ているのもスキニーだ。足にぴったりと張り付き、スパッツのようだ。

 売り場担当の河野千恵さんは「今年の春から人気が高まり、この秋は品ぞろえを2倍に増やしました」。米国製を中心に17ブランド、35種類ほどをそろえる。海外の高級ブランドが多く、1本2〜3万円するが、週に50〜60本売れるという。

 「スキニー」とは、「皮膚(スキン)のような」という意味で、足にぴったり吸い付くほど細いジーンズをスキニージーンズという。インターネットで「ニューヨークファッション通信」を執筆しているジャーナリストの宮田理江さんによると、一昨年から昨年にかけ、海外のモデルや女優が着始めたのが流行のきっかけという。足が細くすっきり見えることから、日本でも人気に火がついた。

 「ユニクロ」もこの秋、スキニージーンズを発売した。この春に先行発売した銀座店(東京)では、品切れが続出するほどの人気という。販売責任者の土屋佳織さんは「重ね着ファッションの流行で、ワンピースなどの下に着る細身のジーンズが求められていた」と話す。1本3990円。男性用もある。

 脚がやせていないとはけないのでは、と思いがちだが、スキニージーンズの多くは伸縮性のあるストレッチ素材が使われており、意外にはきやすいという。

 宮田さんは「流行のロングカーディガンなど、ボリュームのある上着を合わせてください。バランス良く、お尻も隠せて、脚を細く見せることができます」とアドバイスする。

 ここ数年、色落ち加工を施して「洗いざらした感じ」を出したジーンズが多かった反動もあり、スキニージーンズは濃紺、グレー、黒など濃い色が多く、上品なイメージだ。このため、足元はスニーカーなどより、パンプスやバレリーナシューズが似合う。購入時にすそ上げせず、長めのすそをたるませてはくのもおしゃれだという。また、すそをロングブーツの中に入れるのも、スキニーならではの着こなしだ。

脚細く長く魅せるスキニージーンズ

私が注目しているのは、極細のスキニージーンズ。スキニーってピタピタ過ぎて、お尻や脚のラインが出過ぎて、ちょっと難しそう…なんて思っている人、実は全然そんなことないのです!逆に脚が細〜く、長〜く見えるのです。今回は、脚が細〜く、長〜く見えるジーンズの着こなしをニューヨーカーから盗んでみましょう!

ケイト・モスやシエナ・ミラーから火がついたピタピタ極細ジーンズのブームはこの秋、さらに燃え上がるでしょう。ロンドン発の「Super Fine(スーパー ファイン)」や、LA発の「J Brand(ジェー・ブランド)」はスキニージーンズの代表格です。